一念岩をも通す(物理的に)

【前回までのあらすじ】

※前回の投稿はこちら

注文していたスクリュー杭が春節&新型コロナウイルスの影響で中国から発送されたかも分からず、絶望の淵に立たされるわたし氏。しかし、某海運業社からの電話で一筋の光が射したのであった。ところが、12日の納品日を控えたチームわたし氏に新たなる敵が襲い掛かってきたのである!!!


スクリュー杭の納品日が分かりホッと一安心したのもつかの間、納品されるや否や作業を進めないことには今年度中に完成させるのは難しいという現実に直面。

さてさて、現地を測量して、杭打ちの準備でもしますかな…と動き出した3月某日。杭の打設場所を試掘してみるとその敵は静かに、しかしながら途轍もない存在感で我々の前に立ちはだかったのである。その敵とは…

バカでかい岩であった。

我々がスクリュー杭を打ち込もうとしていた現地は地中1.0mほどの深さに大きな玉石がゴロゴロ埋まっていたのである。この画像で見えているだけでも1.0m級のサイズが…まさにいわタイプポ◯モンの楽園。これにはカントー地方の某ジムリーダーもニッコリ!

某ジムリーダーに反比例する形でげんなりのチームわたし氏。最初のうちは重機で掘削をし一個一個除去していたもののこのままでは埒が明かない!!!そこで重機を追加!

0.45㎥級バックホウ(ブレーカー付き)だよーん!(だよーん?)

もうね、これで石を壊しながらスクリュー杭の打込み深さを確保する作戦に切り替えていったの(急な口語体)この重機で

ンガガガガガガガッガアガガアガガガガガ!!!

と削っていくのである。我々の願いをブレーカーの芯に乗せ、その願いは念となり岩を砕き進めていくのである。まさに

↑強引なタイトルの回収

この時点で工程やや遅れ。石を削っている間に3月12日になりスクリュー杭は無事に納入されたが、(あれだけ煽っておきながら納入された部分はサラッとしか触れない)玉石除去が終わっていないという非常事態になったのである。

そして3月3週目。そんなつもりはないのに事態はさらに質の悪い方へ舵を切り始めるのであった…


【おまけ】

今回発掘された、いわタイプの岩。(の一部)

こんなのこうやって、こうやって、こうやったら…

展示販売場の真似事ができる程度には大きな石が出てきたのですよ。もちろん展示も販売もしておりませんのであしからず。


次回で太陽光発電設置編終了します。(しれっと)

2+

世界で一番熱い3月

今年に入り、自身初の投稿となります!皆様、大変おまっとさんでした!(急なキンキンカットイン)

↑おそらく平成、令和生まれはこのネタ知らないかとは思いますが…

前回が【家畜伝染病の恐ろしさ…】だったんですが、実に5か月ぶりの投稿となります。お手柔らかにお願い致します。遅筆は悪!サボりは悪!!!反省して進めていきましょう!


2月某日、編集Nは(いつものように)胃を痛めていた…

N「はぁぁぁぁぁ…いつ届くのかしら…どんき遅れるんずや…」

漫画における女の子キャラクターのような口ぶりで待ってみたり、(エセ)津軽弁になってみたりと大層頭を悩ませていた。その待っている【モノ】とは中国発~韓国経由~八戸着の荷物。この時世界を賑わせていたのは中国で猛威を振るっていた例のウィルスだったのである。(急なである口調)

当初予定は3月6日には届くはずだった。あくまでも予定、だが。しかし、国内外の流通網が整っている現代に於いて到着予定が大幅にずれるなんてそうそう無い話である。(である口調続きます)

しかし、荷物の到着日を販社へ問い合わせたわたし氏に返ってきたのはあまりにも無常であまりにも無機質な言葉だったのである。(である口調リターンズ)

「荷物が発送されたかどうかさえ確認できません」

N「え」

中国国内全体で春節の連休が延長となり、そのまま例のウィルスが大流行。確認する術もなく途方に暮れる身となってしまった。

N「…(今年は雪も少なかったし、バタバタと準備を進めた割にはいい感じの工程で進められそうだったんだけどな。施主にも会社にも迷惑かけちゃうな。)」

N「…(危機管理能力の中に突然世界的に大流行したウィルスって含まれんのかな。)」

N「…(大体にして春節って!!!正月は確かに大事だけどさ!新年を迎えた喜びで爆竹鳴らすとかwww)」

と、他国の皆様が大切にしている文化にまで言及したくなったものの、春節前に発送の手配をしなかった自分が悪いって言われそう(まず言われる)なのでじっと待ちの姿勢を貫くこととした。じっと。そう、L型擁壁のように。

↑使いまわし

だが、事態が急転したのは見知らぬ番号からの意外な電話だった。

???「こちら〇〇〇で海運業をしております●●●と申しますが、御社に3月12日付でお届けする中国からの荷物なんですが、荷下ろし場所は4t車入っていける…(驚きと喜びと驚きで耳に入らなかった)」

N「は?え?4t車?」

●●●「あ、いや、4t車なんですけど。入れますかね?」

N「入れます!!!何なら自社にも4t車あります!!!」

●●●「は?えっ?そうですか。いや、中国からの荷物で鉄かご5つなんですけどね。」

N「…ちなみにその荷物って何ですかね?」

●●●「えーっと…〇〇〇との事です」

N「ヒャン!!!!ありがとう!ありがとう!!よろしくどうぞ!!!」

●●●「(ガチャ)」

これで勝てる!!!荷物が送れた一週間分はハンデとしてくれてやるぜ!!!


次回予告

荷物搬入の見通しも立ち、完成に向かって突き進もうとするN。そして運命の3月12日を迎える。だが、更なる邪魔者たちが立ちはだかりあの手この手で工期を遅らせていく。あれあれ?Nさん?この状況って中々にマズいんじゃないの…?

次回!一念岩をも通す(物理的に)

期待してくれよな!(長くなりすぎたのでfin)

2+

青森県にも来てしまいました ・ ・ ・。

3月23日 ・ ・ ・ 。

青森県にも新型コロナウィルスの感染者が出てしまいました。

グローバル化が進んだ現在に於いて、避けては通れないとは思っていましたが、いざ出てしまうとショックは大きいですね。

そんな中弊社に於いては、本社で購入したアルコール消毒液を各現場に配布したり、

社屋の各出入口に消毒液を常備する等の対策を講じていますが、

社員一人一人が『手洗い・うがい』を徹底することが、一番の予防対策である!と指導しています。

まだまだ終息の気配が見えませんが、必ず改善することを信じて!  この困難を乗り切りましょう!!

 

0

霧が凄いという事は・・・?

今日の十和田市は一日中霧がかかり、八甲田山が全く見えない一日でした。

いつもであれば、この写真の奥に壮大な八甲田山が見えているのですが、500m先が見えない状況でした。

しかし、裏を返せばそれだけ暖かくなっているという事です!!

春を感じられるくらいまで季節が進んできていますが、新型コロナウィルスの流行で、

全く気持ち良くありません!

弊社としても消毒液の常備や職員に手洗い・うがいの推奨等の対策を講じていますが、不安は拭えません。

このまま青森県から発症者が出ないことを切に願います。

0

工場検査に行ってきました!

先週ですが、某工事の橋桁製作に伴う仮組立検査を受ける為、大阪市の工場へ行ってきました!

橋長は約39m(総重量500t弱)とかなりの大きさでしたが、それを全て組み上げていました。

これだけのものを仮組して置けるだけのスペースもですが、それ以外の稼働している場所も含めて、とてつもなく大きな工場に驚きました!

工場の広さもさることながら、これだけ大きなものをmm単位の精度で製作する技術力に改めて驚愕しました。

0

風しん抗体検査の結果ですが、

以前風しんの抗体検査を受診しましたが、この間結果が来ました ・ ・ ・ ・。

 

やっぱり抗体が無いとの結果が届きました!!

当然そのまま予防接種を受けましたが、両方とも自治体発行のクーポンを使用して無料でした。

事前の問診では、『再度成人になってからの風しんが如何に危険か』と、『近くにいる妊婦さんに及ぼす取り返しのつかない後遺症リスク』を教えられました。

まだまだ受診していない人が多いようなので、風しん抗体検査の案内が自分自身や家族に届いている場合には、絶対に行く!(行かせる)ようにしてください。

たった二回の注射で済みます!!

0

s37年からs54年生まれの男性へ

昨年厚労省から『風しんの抗体検査と予防接種』についてのクーポンが届いていたので、病院を受診してきました。

お医者さまからは『かなりの人数に届いているはずなのに、実際に受診する人が少ない』とのことでした。

もし風疹に成人がかかると、かなり重症化するのは勿論ですが、親戚・家族に妊婦がいる場合は、赤ちゃんに重い後遺症が出てしまいます!

自分の健康は勿論ですが、周りの家族に悲しい思いをさせない為にも風しんの抗体検査行くようにしましょう!

ちなみに抗体検査は採血して終わりです。数日で結果が知らされるとのことです。

0

年末大掃除を実施しました!

今年も大掃除の時期になりました。

今年は年号が変わったり、ラグビーW杯で盛り上がったりと色々ありましたが ・ ・ ・

何と言っても無事故で年起こせることが一番だと思います。

来年も無事故・無災害を継続出来るよう、先ずは今日の大掃除をしっかり完遂したいです。

0

年末現場パトロールを実施しました。

今日は年末現場パトロールを弊社社長同行で実施しました。

各現場共、年末までの進捗確保と休暇時の保安設備設置に追われていました。

年末休暇まであと数日!をモチベーションに頑張っていました。

無事故・無災害で気持ちよく年越しする為にも、現場職員皆さんには風邪やインフルエンザ対策を確実に実施して頂き、健康に働いてもらうことを切に願います。

 

 

 

 

0

建設業冬期労働災害防止決起大会に参加してきました。

毎年恒例のことではありますが、冬期労働災害防止決起大会がJA十和田おいらせにて開催されました。

十和田労働基準監督署より労働災害が非常に増加しているとの発表がありました。

それらのほとんどが墜落・転落、転倒災害という従来型の災害という事で、そこには安全への慣れが潜んでいるように感じました ・ ・ ・。

来週から弊社でも現場パトロールを実施しますが、整理整頓や保護具の使用といった実施して当然な事項について、今一度再確認させるよう指導したいと思います。

皆さんに於かれましても、安全が当たり前という油断を取り去り、気持ち良く年末を迎えられるよう頑張りましょう!

0