大震災から8年経ちました。

東日本大震災が発生した時、青森市の工事に行っていたので最大震度4でしたが、停電になり携帯電話の小さなテレビで津波の映像が流れたときは、まるで映画でも見ているような感じでした。

しかし4月に八戸の岸壁に行ったとき、建物に上がっている船を見て、改めて恐怖を感じたのを思い出します。

あの頃は嫁と一緒に防災グッズを揃えたり、避難時の集合場所を検索したりと『被災時の備え』をしていましたが、段々危機感が薄れてきているように思います。

そんな中、YAHOOでこんな試みをしていました。

形ある支援も大事ですが、あの大災害を風化させないというこの試みも非常に重要だなぁと思いました。

皆様も年一度でも防災意識を持つ機会としてあの3月11日を思い出してみてください。

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です